オーガニック

【グルテンフリースナック】The protein ball co.が可愛くておすすめ!

こんにちは、健康オタクのAI(@kwhr_ai )です。

会社で小腹が空いた時に食べる、高タンパクな間食ないですか〜??

筋トレがブームな今、間食としてゆで卵やプロテインバーを持ち歩く人も増えてきました。

ジムに行ってトレーニングした後にプロテインを飲んだり、高タンパクなサラダチキンを食べたりと、“タンパク質”の重要性が見直されてきましたね。

とはいえ、女性は特にオフィスで3時のおやつにゆで卵を食べる、なんてことに抵抗があるはず。

そんな方に朗報です。

パッケージは可愛いのに優秀、ヘルシーな高たんぱく質スナックを見つけちゃいました。

The protein ball co.

HP : The Protein Ball Co.

ザプロテインボールカンパニーは、2015年に設立されたイギリスのメーカーです。社長夫婦の、「この忙しい社会で、クリーンなタンパク質源を手軽に摂りたい」という思いからこの商品を作ったそうです。

なんと、2018年に

Free from food アワード

Natural & Organicアワード

などなどいくつもの賞を受賞している会社です。オーガニックやヘルスの意識の高いヨーロッパでも、信頼性の高い会社ですね。

なんと言っても、商品が全て「グルテンフリー」「砂糖不使用」「高食物繊維」なのです。

そして、見た目めちゃくちゃ可愛くないですか?

これ(笑)

思わず買っちゃいました(私は)

今回は4種類

  • カカオオレンジ
  • ラズベリーブラウニー
  • ココナッツマカダミア
  • ゴジベリーココナッツ

を買ってみたので、紹介していきます。

AI
AI
私は成城石井で買いましたが、Cosme kitchenや百貨店、楽天などでも売ってありますよ〜!

 

商品紹介

CACAO + ORANGE

CACAO & ORANGE

原材料

デーツ、ホエイプロテイン、有機タピオカ繊維、ココア、濃縮グレープジュース、ライススターチ、カカオニブ、オレンジ油

栄養成分表示

一袋あたり
熱量 156kcal
たんぱく質 10g
脂質 4.5g
炭水化物 22.8g

“オレンジ油”とは、油脂ではなくいわゆる精油で、柑橘類から取れる油のことです。

中身はこんな感じ↓

周りにたっぷりカカオがついています。

しっかりオレンジの味がするので、チョコとオレンジの組み合わせが苦手な方は厳しいかも?(私は好きです)

でも一番はデーツの味をしっかり感じます。でもオレンジで爽やかな感じもあり、食べ終わっても甘ったるさがあと残りしません^^

RASPBERRY BROWNIE

原材料

デーツ、カシューナッツ、有機タピオカ繊維、ココア、ラズベリー、濃縮グレープジュース、ライススターチ、エンドウ豆プロテイン、ライスプロテイン

栄養成分表示

一袋あたり
熱量 151kcal
たんぱく質 5.4g
脂質 4.9g
炭水化物 25.6g

こちらはホエイプロテインではなく、えんどう豆プロテインを使用しているので、Veganの人でも食べられます。

中身はこちら↓

ラズベリーの名の通り、酸っぱ味があるので、甘ったるさを感じず、サクサク食べられます。

ブラウニーというよりは、チョコレート?な感じがします。

COCONUT + MACADAMIA

私の一番好きだった味。(ココナッツが好きなんですけどね。)

一袋あたり
エネルギー 172 kcal
タンパク質 10g
脂質 7.2g
炭水化物 20.2g

中身はこんな感じ↓

ココナッツがたくさん散りばめられています。そして風味も強め。これはココナッツ好きな方には食べていただきたい。本当に美味しいです。

食感はデーツのねっとり感がありますが、しっかり噛むので満腹中枢も刺激されます。

これが本当に一番好きだったものです。

GOJI + COCONUT

ゴジベリーとは、いわゆるクコの実のことです。

中国の漢方や薬膳料理で食べられているもので、抗酸化作用や免疫力アップなど、嬉しい効果をもつ食材です。こちらにはそのゴジベリーが入っていて、そしてヴィーガン対応です。

一袋あたり
エネルギー 173 kxal
タンパク質 7.0g
脂質7.7g
炭水化物 21.8g

中身がこちら↓

出ました、周りにたくさんのココナッツ。そしてマカダミアナッツの時より多め。

だからなのか、食べているとボロボロ落ちていきます(悲)

気をつけて食べないと、あたり一面ココナッツだらけになります(悲劇)

味は美味しかったけど、ココナッツがボロボロ落ちていく点でココナッツ+マカダミアが一位です。

グルテンフリーで砂糖不使用◯

こちらのシリーズのいいところは、グルテンフリーで砂糖不使用、そしてナチュラルな素材をふんだんに使っているところですね。

日本のメーカーにおいて、普通こういったタンパク質増強系のスナックは、ナチュラルな素材を使われません。(そもそもそういった素材の流通が少ないですね)

そしてさまざまな食品認証を受けています。

コーシャー認証(ユダヤ教の宗教上の食品制限)
ヴィーガン認証
BRCGS認証(パッケージの正確性)

日本でいう有機JASマークのようなものです。

それほど、こだわりを持って作られた商品ということがわかります。

まとめ:手軽に高タンパクでヘルシーな間食◯

日本の栄養系タンパク質補給系のスナックバーはどうしても砂糖が大量に使われていたり、小麦粉が使用されているので個人的にも手を出しにくいです。

一方ヨーロッパやアメリカはグルテンフリーの認識が浸透しているので、比較的こう言った本当にヘルシーな商品が多いイメージ。

今後もこんな風にクリーンに食べることができそうなスナック探しの旅は続きそうです。

▼LINE@始めました▼

ABOUT ME
ai
管理栄養士免許取得するも、研究に魅了されて、現在博士課程の大学院生(乳酸菌)/ 健康オタク、海外旅行マニアです。インスタグラムで日々の食事など公開中。