暮らしのアイデア

超朝型人間な私の朝活内容はこれです【朝の生産性の高さを利用しよう】

こんにちは、超朝型人間のAI(@kwhr_ai )です。

基本的に平日も土日も毎朝6時に起きています。最近ではアラームなしで目が覚めるようになりました。

朝6時に起きて、何してるの?とよく質問を頂きます。

そこで今回は、毎朝6時に起きている私の実際の朝活内容と、オススメの朝活をご紹介します。

そもそも早起きすることに意味があるの?と思う人はこちらの記事を読んでみてください。

私が早起きをする6つの理由とコツ【人生変えましょう】平日は朝6時半、土日は朝6時に起きて朝の時間を有効に使っているAI(@Kwhr_ai )です。 早起きは三文の徳。 ...

私の朝活内容

1. ブログ執筆

寝ても覚めても必ずこれから1日を始めます。ある程度前の日の夜に何を書こうか考えはしますが、基本的には書きたいことが朝になると変わることが多いので、フラットな状態で朝を迎え、猛スピードで記事を書きます。以前は夕方や大学にいる間に書くこともあったのですが、どうしてもブログに気を取られてしまって、研究生活に支障が出るなんてことも。

そこで割り切って朝イチで書き上げると決めてからは、大学生活とブログ生活をしっかり切り分けることができました。

2. 洗濯・掃除

個人的に朝に掃除をすることが好きです。朝から”綺麗にする”行為をすると、なんだかスッキリします。

朝掃除する時間なんてない!という人もいますが、早く起きればいいだけの話です。

しかも、私流の方法としてのオススメは、毎日家の中全てを掃除するわけではなく、毎日違う場所を掃除します。

例えばこんな感じです↓

(月)シンク周り
(火)お風呂場
(水)床全体掃除
(木)階段周り
(金)布団掃除
(土)ガスコンロ掃除
(日)部屋全体掃除

自分でいうのもなんですが、部屋は常に綺麗な状態を保ちたいと思っています。例え人がこない、自分しか過ごさない場所だとしても、スッキリした状態でありたいのです。

毎日掃除するのがしんどい、綺麗な状態を保つのが難しいという人でも、毎朝ちょっとずつ掃除するだけでも部屋の様子は変わりますよ〜!

3. 筋トレ・ストレッチ

私、毎朝筋トレとストレッチをしています。

筋トレ
・プランク
・腹筋
・スクワット

ストレッチ
・開脚(170度くらい)
・開脚前屈
・背伸び
・片足前屈

これは中学生の頃からの習慣で、逆にしないと気持ち悪いくらいです。体調不良でもない限り、腹筋だけでも続けています。(これは私が胃下垂なので、少しでも改善させたいためです)

4. 朝ごはん

朝、たっぷりと時間を設けることで、しっかり朝ごはんに時間をかけることができます。立ったまま台所でパンをかじったり、ギリギリまで寝ることで朝ごはんを食べないまま家を出るなんてことは、極力しません。(自分の体調に合わせてはいます)

5. ニュースチェック

我が家にはかれこれずっとテレビを置いていません。

思い切って手放したらスッキリしちゃった。【ゆるミニマリストが捨てたもの】 ゆるミニマリストになると決めてから、いろんなものをここ一週間で捨てました。 https://worktohealth.co...

そのため、ニュースや最新の情報をテレビから知ることがほとんど無くなりました。その代わりに、毎朝ニュースはネットで集めています。

以前はテレビが大好きで毎朝観ないと気が済まなかったのですが、ニュースに関係ないものまで観てしまって、時間を無駄に過ごしていました。テレビは正直もういらないですね。

オススメの朝活

ここまでは、私の朝活事情をお話ししましたが、これ以外にももちろんオススメの朝活はあります。

6. ランニング/ウォーキング

朝から運動することで、その日は一日中代謝のいい状態が継続されます。つまり、体がポカポカして、いつも以上に消費エネルギーの高い状態を維持できるのです。

夜にランニングやウォーキングをすると、交感神経を刺激してしまい、睡眠の質を落としてしまいます。できれば運動は朝に行い、夜は安静に過ごすのが良いでしょう。

腸の運動を支配する自律神経【大事なことはバランスです】忙しい毎日のストレスや、偏食、睡眠不足などの荒れた生活習慣。そんな日々が続くと、なんとなく腸の調子も悪い。便秘や下痢になりやすい。 ...

7. 資格の勉強

朝の頭がクリアな時間に勉強をすると、暗記力が向上して効率が上がります。私の場合はよく英語の勉強をします。

“集中力”が一番みなぎるのが朝、日中消費されて夜になればもうスカスカ状態です。

そんな中で朝の1時間は、夜の3時間とも言われるほど生産性が向上します。試しに朝勉強をやってみてください。(夜になれば生まれるであろう”勉強できなかった…“という罪悪感も、朝のうちに解消できますよ)

8. 読書

これも、夜寝る前でもいいですが、朝の時間もオススメ。頭の中に内容がすっと入ってくるので、効率よく知識を吸収することができます。朝10分だけでも読書をすれば、1ヶ月で5時間分、本1冊分は読めます。

現代の忙しい社会で、月1冊も読んでいる人は周りでもなかなかいないので、これだけでもかなりの強みになりますよ。

9. やることリストを作る

1日の中でやりたいこと・やらなきゃいけないこと・終わらせるべきことってたくさんありますよね。そこで、やることリストを朝のうちに作っておきます。

そして空き時間や何もやることのない時間、暇な時間にこなしましょう。慣れてたら、前日までやってきたことをまとめたり、一週間の予定を立てる時間にあててもいいかも。計画を立てるクセをつけると、効率よく時間を使うことができます。

10. 念入りに化粧をする

これは女性だけかもしれませんが、一日のはじめにしっかり化粧をするだけで気分が高まります。適当に化粧をしてしまった日は、なんとなく恥ずかしくて早く家に帰りたくなります。

化粧はある意味女性のエチケットでもあります。その1日の中で誰と出会うかもわかりません。大事な人と会うかもしれない日に、適当な化粧では後悔してしまいます。

朝早起きして、余裕のある朝としっかり丁寧にする化粧で、1日のテンションをあげて元気に過ごしましょう^^

まとめ:朝は大切な時間です

朝の生産性の高さを知ってからというもの、私にとって朝は大切な時間です。

夜の夜更かしよりも、朝の早起きのおかげで生産性のある暮らしができるようになりました。

早く寝て、早く起きるだけで特別費用がかかることもない、無料の生活改善方法。

今の暮らしの中でなんとなくマンネリ化している人や、効率よくものごとをこなしたい人、生活改革をしたい人はぜひ朝活をしてみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
ai
管理栄養士免許取得するも、研究に魅了されて、現在博士課程の大学院生(乳酸菌)/ 健康オタク、海外旅行マニアです。インスタグラムで日々の食事など公開中。