ダイエット

アイス好き必見!【種類やダイエット中の選び方のコツ、教えます】

こんにちは、アイスが大好きなAI(@kwhr_ai )です。

困ったことに、実は無類のアイス好きです。しかも、夏よりも冬の方がアイスが食べたくなってしまうという、冬太りまっしぐらな体質です。

そんなアイスですが、ダイエット中も種類を選べば十分オススメと言えるのがいいところ。

とはいえ、高頻度で食べると着実に脂肪を蓄えてしまうので、本当にたまにしか買わないようにしています。(アイスと同じくらい、ヨーグルトが好きなのでいつもはヨーグルト派です。)

じゃあ一体どんなアイスを選べばいいの?と思う方に向けて、今回はアイスの種類やダイエット中にオススメの商品を紹介します。

アイスについて(種類)

アイスを買うと、裏の表示に「種類別:アイスクリーム」や「種類別:アイスミルク」などと書かれていることにお気づきでしょうか。

これはアイスの種類をさします。(全部”アイスクリーム”という訳ではないのです)

市販のいわゆる”アイスクリーム”は、この4種類に分けることができます。

名称 乳固形分 乳脂肪分
アイスクリーム 15%以上 8%以上
アイスミルク 10%以上 3%以上
ラクトアイス 3%以上
氷菓 上記以外

この中でも、アイスクリーム・アイスミルク・ラクトアイスは乳および乳製品の成分規格に関する省令(乳等省令)によって「アイスクリーム類」に分類され、氷菓のみが食品、添加物等の規格基準によって「氷菓」に定められています。

つまり乳脂肪分の高いものほどアイスクリームと呼ばれ、乳脂肪分含有量が少なくなるに連れてその名前がミルク(乳)やラクト(乳)に変わるのです。氷菓に至っては、乳製品が含まれてない場合がほとんどです。

味についても、アイスクリームが一番濃厚な口あたりになり、表の下に行くにつれてさっぱりした味になります。

種類別:アイスクリームの代表はハーゲンダッツ、種類別:アイスミルクとしては雪見だいふく、種類別:ラクトアイスにはMOW、氷菓にはガリガリ君などが挙げられます。

ダイエット中でもアイスはOK

甘〜いケーキや、ザクザクしたクッキーよりも、アイスは太りにくいと言われます。それは、ほとんどの商品で小麦粉を使っていない、グルテンフリーであること、乳脂肪分のおかげで満足度が高いこと、冷たいので頑張って温めようと身体が熱を発し、代謝をあげる効果もあることが挙げられます。(食べ過ぎると逆に体を冷やしてしまうので、気をつけましょう)

ダイエット中にオススメする"間食のススメ"10個【罪悪感ゼロで心もヘルシー】こんにちは、健康オタクのAI(@kwhr_ai )です。 . 太りたくない気持ちと、何か食べたい気持ちに闘う日々に、...

私もたまにご褒美でアイスを食べます。なるべく原材料のシンプルで少ないものを選ぶようにしていて、かつなるべく”種類別:アイスクリーム“もしくは”氷菓”と書いてあるものを選ぶようにしています。

氷菓は低カロリーなものが多いので、ダイエットでカロリーを気にしている人でも手軽に手に取れるのではないでしょうか。(でもカロリーの気にしすぎは禁物です)

ダイエットに最適「アイスクリーム」

アイスクリームに分類されるような商品は、乳脂肪分がかなり高い割合で配合されているのでかなり濃厚です。そのため、かなりの満足度を得られることができます。実はこの満足度が一番大切です。

ダイエット中はそれでなくともストレスを感じやすい状態。(ストレスなくボディメイクするのが一番です)そんな時に、カロリーばかりを気にしてアイスを選ぶのは逆効果。アイスクリームに分類されるような、濃厚なアイスを選んでも大丈夫です。大切なことは心を満たすこと。低カロリーなものをたくさん食べるより、自分の食べたいものを食べるようにすれば心から満足することができます。

※ラクトアイスやアイスミルクになると、乳脂肪分が少ない分、後から添加する脂質で誤魔化そうとします。なのでオススメはやっぱり牛乳の良質な油を使っているアイスクリームです。

原材料に気をつけよう

いくらアイスがダイエット向きとはいえ、やたらめったらアイスに手を出すことなかれ。原材料をしっかり確認しましょう。

原材料で気をつけたいのは、人工甘味料、②小麦粉、③油の種類。

①人工甘味料は、食べれば食べるほどクセになるので、できればちゃんと天然の砂糖を使った商品を選びましょう。

【甘くみると痛い目に合う?】人工甘味料をやめて、天然の甘味料を使う。こんにちは、AI(@kwhr_ai )です。 ー人工甘味料ー と、聞くと、皆さんはどんなイメージを持ちますか。 甘いの...

②そして”クッキー◯◯”のように、小麦粉が入ったアイスはダイエットに返って逆効果。できれば原材料に小麦の含まれていないものを積極的に選んでみてください。

③最後、先にも言ったように油の種類ですが、特に”植物油脂”の名前に気をつけましょう。植物油脂は、トランス脂肪酸の素だったりします。(日本には表示義務がないため、トランス脂肪酸が入っているかどうかは一目にわかりません。植物油脂の場合はトランス脂肪酸の含まれている可能性が高いです)

トランス脂肪酸についてちゃんと理解しましょう【危ない脂質は避けよう】こんにちは、健康オタクのAI(@kwhr_ai )です。 パンやマーガリンに含まれるトランス脂肪酸は、健康に悪い影響を与える脂質と...

ただ、植物油脂はほとんどのアイスクリームに含まれているので、できれば書いてある順番も見て、なるべく最後の方に書いてるような商品を選んでみてください。

ダイエット中にオススメアイス4つ

アイスの原材料が、なるべくシンプルなものがオススメ。

では、私のオススメアイスを4つ紹介します。

①ハーゲンダッツ

Häagen-Dazs公式HP

アイスクリーム界で一番の大人気と言っても過言ではないハーゲンダッツ。お値段ははるものの、スタバの新作を我慢すれば2個は食べられます。

バニラやストロベリー、グリーンティーなどオーソドックスなフレーバーは、原材料もとてもシンプルで、無駄なものが入っていません。

<バニラ>
クリーム(北海道(生乳))、脱脂濃縮乳、砂糖、卵黄/バニラ香料、(一部に乳成分・卵を含む)

<ストロベリー>
クリーム(北海道(生乳))、脱脂濃縮乳、ストロベリー果肉、砂糖、卵黄、(一部に乳成分・卵を含む)

<グリーンティー>
クリーム(北海道(生乳))、脱脂濃縮乳、砂糖、卵黄、まっ茶、(一部に乳成分・卵を含む)

驚くほどたくさんの原材料名が羅列する商品もある中で、こんなにもシンプルな大手の商品があるのです、みなさんたまの贅沢にぜひ。

②ピノ

PINO 公式HP

長年の人気を誇るピノですが、こちらも原材料は優秀。ただし、ノーマルなチョコレートのフレーバーのみです。季節限定の場合は植物油脂が含まれている場合があるのでお気をつけください。

<ピノ>
乳製品、チョコレートコーチング、砂糖、水あめ/乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、香料、(一部に乳成分・大豆を含む)

また、シェアしながら食べることもできたり、一個食べたら残りはフタをすれば取っておけるので、口寂しい時に便利です。

③あずきバー

あずきバー公式HP

意外と好きっていう方、多いんじゃないでしょうか。私の大大大好きなアイスのひとつ、あずきバー。ほっこりするどこか懐かしい味わいに、何本でも食べられそうですが、この固さが尋常じゃないので、食べ過ぎ予防です。

<あずきバー>
砂糖(国内製造)、小豆、水あめ、コーンスターチ、食塩

驚きの原材料の少なさ。シンプルなものだけで作られたあずきバーは永遠に不滅な気がします。(小豆のおかげでイソフラボンとカリウムも気持ち摂れます。

④牧場しぼり

牧場しぼり公式 HP

“絞って三日以内のミルクを使用”をコンセプトにするほどの、濃厚感がクセになるアイス。一個あたり約150kcalと、かなりお腹にもやさしいサイズと量です。その原材料もまさにシンプル。

<クリーミーバニラ>
生乳、乳製品、砂糖、水あめ、卵黄、食塩、バニラビーンズシード、乳化剤、香料、安定剤(増粘多糖類)、カロチン色素、(原材料の一部に卵を含む)

まとめ:アイスを味方にして

アイスは他のデザートと違って保存期間が長いので、家に置いておける大事な食品。種類さえ選べば、あなたのフードライフを色鮮やかにすることができます。

我慢するのではなく、原材料をしっかり見て、自分に合うものを選べば、いつだってアイスは味方になってくれますよ。

ABOUT ME
ai
管理栄養士免許取得するも、研究に魅了されて、現在博士課程の大学院生(乳酸菌)/ 健康オタク、海外旅行マニアです。インスタグラムで日々の食事など公開中。