Diet

ダイエット中にオススメな間食を紹介!【罪悪感ゼロで心もヘルシー】

こんにちは、AI(@kwhr_ai )です。

お腹が空くとイライラそわそわしちゃって、甘いクッキーやパイを食べたいけど、太るのもいやだ…

.

太りたくない気持ちと、何か食べたい気持ちに闘う日々に、疲れていませんか?

ダイエット中だから食べたらダメ…ちょっと食べたら罪悪感を抱いてしまう…

そんな風にネガティブな気持ちで間食を摂ると、何倍も太りやすくなってしまいます。

そこで今回は、ダイエットや食事改善中でも安心して食べられる間食のおすすめを8個紹介します^^

おすすめの間食8個

①ヨーグルト

ヨーグルトは発酵食品の中でも間食として取り入れやすいアイテムのひとつ。

お好みの甘味料と一緒に食べることで、満足度もあるので私が激推しのアイテムです。

参考:自家製でヨーグルトを作ろう

②ナッツ類

ヘルシーなイメージもある一方で、カロリーや脂質の高さから敬遠されがちなのがナッツ類。

ただ、ナッツは脂質が高いだけではないのです。

ナッツには豊富な不飽和脂肪酸、特にオメガ3系の脂肪酸が豊富に含まれており、脂肪燃焼効果や血糖値上昇抑制効果など嬉しい効果も期待できます。

オススメ記事:ナッツで健康!代表7種の効果まとめ

ナッツといえども種類はたくさんありますが、オススメは“アーモンド・クルミ・ピスタチオ”です。

アーモンドはビタミンEが豊富であること、クルミは最強のオメガ3源、ピスタチオは殻がついているので、食べ過ぎ防止効果もあります。

オススメナッツたち↓

 

アリサンの製品はオーガニックで安心・安全。全て手作りにこだわっているものばかりです。

 

③ポップコーン

え、ポップコーンがヘルシーなの?と思うかもしれませんが、ポップコーンはノンフライで小麦粉も使われていないスナックなので意外と優秀なおやつ選手です。

市販で売られているものでもいいですが、やはり手作りが一番なので、おうちのフライパンで作るのが一番です。意外と簡単にできるのでオススメです。

フライパンに薄く油をひき、そこにポップコーンの種を入れて蓋をし、軽く揺すりながら中火にかけます。だいたい3分程度でポンポン膨らみ始めます。音がしなくなったら出来上がり。お好みで塩やカレー粉をふりかけて食べましょう。

 

ナチュラルキッチンのポップコーンは有機JAS認証を受けているオーガニック製品。

お子様からお年寄りの方まで幅広く食べられます^^

④りんご

果物の中でもりんごは間食にオススメ。りんごには、抗酸化作用のあるポリフェノールや、腸内細菌のエサとなる良質な糖分が入っています。また、水分含量がかなり多いので、満足度もアップ。

オススメはスライスしたりんごにピーナッツバターの組み合わせ。りんごの甘さとピーナッツバターの濃厚さがマッチして、かなり満足度も高まります。

オススメのピーナッツバターはこちら↓

アリサンの有機JAS認証のオーガニック製品です。滑らかな口当たりでとても美味しいです^^

⑤ダークチョコレート

市販のチョコレートとは違って、ここでオススメするのはダークチョコレートです。

できるならカカオ70%以上を選びましょう。

カカオは優秀なマグネシウム源であり代謝アップや便秘解消、身体のタンパク質の合成にも関わっています。

他にもカカオにはポリフェノール、食物繊維、腸内細菌のエサとなるブドウ糖など良質な栄養素が豊富に含まれています。

ダイエット中には積極的に摂りたい食品といって間違いないでしょう。

オススメの高カカオ含有チョコレート↓

AI
AI
iHerbにはヴィーガンのチョコレートも売ってあるので、のぞいてみてくださいね〜!

⑥ココナッツチップス

ココナッツチップスはココナッツの果肉をスライスして乾燥させたもの。

粉末状にしたものがココナッツフラワーで、ココナッツチップスを細かくしたものがココナッツフレーク/ファインです。

参考:ココナッツフラワーの栄養素まとめ

ココナッツには中鎖脂肪酸が多く含まれています。

 

中鎖脂肪酸は

・体脂肪として身体に蓄積しにくい

・即座にエネルギーとして消費されやすい

という特徴を持ちます。

またココナッツチップスは糖質も低く、含まれる炭水化物もほとんどは食物繊維なので便秘解消も期待できます。

そのままで食べるのもいいですが、オススメはヨーグルトにかけたり、ちょっと炒めてキャラメリゼ風にすることで味に変化が生まれて食べやすくなります。

オススメのココナッツチップスはこちら↓

 

私の大好きなココナッツチップス。カルディに置いてありますが、通販もあります。

Edward & Sons
ココナッツフレーク

iHerbで詳しく見る

iHerbで人気のココナッツフレーク(チップ)。

砂糖無添加で、アレンジ自由なのでオーブンで焼きココナッツにしても美味しそうですね〜!

⑦シリアルバー

タンパク質、食物繊維、ビタミン、ミネラルを一挙に摂れる優秀な間食だったりするシリアルバー。

ただ、市販のシリアルバーはどうしても砂糖が大量に使われていることが多いので、血糖値を上げるだけでなくかえって太るなんてことも。

できれば砂糖を摂りたくないという方は、自分で作ってみましょう。意外と簡単にできますよ^^

参考:100%オートミールクッキーバー

⑧オーバーナイトオーツ

オートミールの魅力については、このブログで散々伝えてきているのでもうお分かりかと思います。何回も繰り返してオススメしたいくらいの優秀さ。

オススメ記事:オートミールについて

オートミールをただ食べるよりも確実にオススメなのはオーバーナイトオーツです。

水分をたっぷり含んだオートミールはもちもちしていて腹持ちも十分。何より低GIなので、血糖値を爆上げすることもありません。

オススメのオートミールはこちら↓

 

まとめ

私の考える間食をするときの選びかたのポイントは3つです。

①血糖値を急激に上げないもの

②なるべく食材そのもの

③タンパク質が豊富なもの

「なるべく身体に良いものを」という意識で選びましょう。

特にダイエット中だと、「食べちゃダメだ…」と思いすぎることが、結果として食べ過ぎや過食を招くことに。

心を満たすダイエットで、健康なヘルシーボディを手に入れましょう^^

▼LINE@始めました▼

ABOUT ME
ai
管理栄養士免許取得するも、研究に魅了されて、現在博士課程の大学院生(乳酸菌)/ 健康オタク、海外旅行マニアです。インスタグラムで日々の食事など公開中。