ダイエット

【精神論】痩せるのは簡単、でも楽じゃありません。

どうも、AI(@kwhr_ai )です。

ダイエットや減量って、食事制限したり運動すればいいと思っているならば、それ以前に改革しなければいけないことがあります。

それは何と言ってもメンタル、それも正しい知識と考え方を持たないと、返っておデブ体質になりますよー!

正直言って、痩せるのは簡単です。本当に、誰でも痩せられます。でも、楽じゃありません。っていうお話。

痩せられない人の特徴3つ

痩せられない人の特徴は、基本的に
「楽をしたい」「即効性が欲しい」「一回痩せたらオッケー」
みたいな思考を持ってます。これに当てはまる人って結構多いですね。

でも実はこれが痩せられない原因なんです。

楽して痩せたい=きついと辞めたくなる

即効性が欲しい=なかなか痩せないと途中で投げ出す

一回痩せたらオッケー=痩せた後に爆食い(リバウンド)

こんな感じで痩せられない人は、このマインドを持つ限り永遠に痩せられません。

痩せるために必要なこと3つ

上記のマインドを捨て、本当に痩せたい方だけ見てください。そして本当に本当に痩せたい方だけ、意識改革をしてください。

①痩せるために時間をかける

急に痩せようとして計画性の無い断食をしても無駄です。いくら身体が痩せても、脳や心が太ります。そうすると、

もっと食べたい!糖!油!

となるだけではなく、

断食なんて辞めた!やめる!やってる意味がわからない!

と、自暴自棄になります。そうすると、もっと太りやすい身体になります。

短期で体重を落としても、長期的に太るならば、時間をかけてじっくりと痩せるしかありません。

②痩せるための食事を選ぶ

痩せるためにサラダだけ、豆腐だけ、こんにゃくだけ、◯◯だけ、のような食事を選んでいては、全くもって痩せられません。

そもそも、その◯◯だけで一生を生きていく覚悟はありますか?もしあるのであれば、止めません。普通は無理です。

毎日の食事で、偏った食べ方をすると、必ず脳は足りない栄養素に対して”飢餓モード”を発令します。

例えば糖質制限をすればするほど、糖質を渇望します。脂質制限をすれば、天ぷらや唐揚げが食べたくなるものです。

偏った食事は辞めて、いろんなものをまんべんなく選びましょう。脂質・糖質・タンパク質をしっかりバランスよく摂取することが、身体だけでなく脳のダイエットにも必要なのです。

いただきますとごちそうさまを必ず言う

これがすごく、すごく、すごく重要です。食前食後のあいさつをしてください。すごく重要です。(繰り返します)

一人暮らしだと、いただきますを言わないことが多いと思います。そしてごちそうさまも言いません。そうすると永遠にご飯を食べてしまう恐ろしい現象が起きがちです。(ご飯の後のお菓子が止まらない人は特にこのパターンが多い)

いただきますとごちそうさまの文化は日本特有のもので、食べ物の命に感謝する行為。この行為を行うと、必然的にご飯の時間に区切りがつきます。

食前後の挨拶ができれば、心が清々しくなり、ダラダラ食いも必ず避けられます。

痩せるのはだいたい簡単です(カロリー神話)

再び言いますが、痩せるのは簡単です。

つまり、消費エネルギー > 摂取エネルギー にすればいいだけです。たったこれだけです。

でもなぜ、世の中には痩せられずに悩んでいる人が多いのでしょうか。

補足1:エネルギーの意味を理解する

エネルギー/カロリーと一口に言えども、それには種類があるのです。

具体的には、

炭水化物 1g=4kcal
タンパク質 1g=4kcal
脂質 1g=9kcal

ですね。つまり、同じ100キロカロリー(kcal)でも、チョコレート100kcalは糖質や脂質由来で、鶏ささみ100kcalはタンパク質由来、ということです。

私たちの身体は、エネルギーの種類を部位ごとに使い分けています。
例えば、脳は炭水化物をエネルギーとして利用します。基本的にはタンパク質や脂質を使いません(ケトン体に変換して使うことはできますが、体内が酸性化するため非常に危険な状態を招きます)。

つまり、単純にエネルギー収支バランスを操作するだけじゃ、痩せにくいのです。
じゃあ、痩せるのやっぱり簡単じゃないじゃんって思う方、選択さえ間違わなければ、痩せますよ。

食べるものを”正しく”選ぶ

ここでの”選び方”を極端な例をあげて考えてみます。

お昼ご飯(外食)

A. カフェでドーナツとラテ(300 kcal)
B. 定食屋で野菜炒め定食(600 kcal)

カロリー神話だけで言えば、Aの方がBより半分のカロリーであり、理論上は痩せます。理論上は。

しかし、Aの場合はこのカロリーはほとんどが糖質と脂質由来です。タンパク質はほぼゼロに近いです。

一方Bでは、炭水化物、脂質、タンパク質を含んでいるだけでなく、ビタミンなどもしっかり摂れますね。そして何より”代謝”を良くする食事なのは、間違えなくBです。

ドーナツの方が脳が大喜びすることは分かっています。ですが、その喜びは一瞬ですね。(お菓子などの大量の白砂糖には、麻薬のような中毒性があるので、もっと食べたくなりますよ。)

ドーナツで痩せられれば”楽”ですが、本当に綺麗に痩せたいのであれば、定食を選びましょう。

補足2:代謝をあげて、体質を変える

身体を燃やす(代謝の良い)体質は、唯一カロリー神話を覆すことのできる武器です。

痩せたい人は、代謝を上げることを意識してください。

お菓子で200カロリーに抑えるくらいなら、しっかり穀物と野菜、タンパク質と良質な油を600kcal摂ってください。代謝を下げるのは、上記で述べたとおり、偏り食べです(断言します)。

もしかしたら、一時的な体重増加はあるかもしれませんが、たるんだ身体になることもありません。キリッとしたしなやかな体になること間違いなしです。

楽して痩せはしませんが、簡単に痩せられます。

・◯◯だけで、楽に痩せる!
・楽して1週間で-2kg!
・手軽に痩せる!

みたいな宣伝文句には、必ず裏があります。(この意見は結構多くの人が言っていますよね)

基本的には、消費カロリー > 摂取カロリーであれば、痩せます。ですが、本当に確実に痩せたいのであれば、プラスαでエネルギーの種類とバランス、そして賢い選択をして、焦らず時間をかけて痩せましょう。

基本的に、補足1、2でお伝えしたことを踏まえれば、先に述べた痩せない特徴3つの考え方は排除できますよね?

カロリー神話に振り回されるのではなく、考え方を質や時間のかけ方にシフトすると、体は確実に絞れてきます😃長期間の目で見れば、太りにくい体づくりがボディメイクには不可欠です。

もう一度言いますが、痩せるのは簡単です、でも楽ではありません。楽をして痩せても太りやすい体を作るだけです。

ぜひ、メンタル改革を!

ABOUT ME
ai
管理栄養士免許取得するも、研究に魅了されて、現在博士課程の大学院生(乳酸菌)/ 健康オタク、海外旅行マニアです。インスタグラムで日々の食事など公開中。