ダイエット

ダイエットがうまくいかない時に考える10個の理由

こんにちは、健康オタクのAI(@kwhr_ai )です。

ダイエッ子
ダイエッ子
運動も食事制限もしているのになかなか体重が落ちません。どうしてですか?

こんな質問や相談をちょくちょく受けます。

確かに、ダイエットに励んで毎日ランニングなどの運動をして、好きなスイーツやラーメンも我慢しているというのに痩せないのであればストレスはたまる一方。ダイエットがうまくいきません。

だからと言って無茶食いや暴食に走ってしまっては、ボディメイクはうまくいきません。ここで、あなたのダイエットがうまく行かない理由を10個あげてみます。

ダイエットがうまく行かない10個の理由

①食べなさすぎ

私たち人間には、もともと身体の健康や通常の状態を維持するためのホメオスタシスという機構が備わっています。つまり、毎日食べる量に身体が適応していき、慣れることで体重の変動がなくなるようになるのです。

そこで、極端な食事制限を行うと身体のホメオスタシスが働き、少ない食事量で体重を維持するようになります。(=痩せません)そうすると、その食事量より少しでも多い食事を摂るだけで、びっくりするくらい体重が増えるという代謝の悪い身体が出来上がってしまうのです。

②ダイエット食品に頼りすぎ

0キロカロリーの寒天ゼリーや、低カロリーダイエットシェイク、ダイエットクッキーなどの「ダイエットしている人は食べたほうがいい」というような食品たちを常日頃食べている人は、実はそれが痩せない原因だったりします。

それらダイエット食品の中には、カロリーを低くしつつも甘く味付けするための大量の人工甘味料が含まれており、私たちの糖分への欲求をさらに掻き立ててしまいます。おかげで甘いダイエットシェイクを毎日飲まないと気が済まない始末。しまいには糖質ばかりを狂うほど欲するようになるようになることも。

【甘くみると痛い目に合う?】人工甘味料をやめて、天然の甘味料を使う。こんにちは、AI(@kwhr_ai )です。 ー人工甘味料ー と、聞くと、皆さんはどんなイメージを持ちますか。 甘いの...

たまに食べたり、出先で何も食べるものがない時にはいいかもしれませんが、いつも食べているようではいつまでも痩せませんよ。

③やたら運動する

ダイエット=運動!ということで、必死こいて毎日ジムに通ったり、ランニングに励む人もいるはず。

ですが、運動をしすぎることで、「よし、ちょっとぐらい食べすぎても大丈夫でしょ。」と食にも走っていませんか?正直、減量を考えるのであればいくら運動を頑張っても食生活の改善には負けます。運動してもジャンクフードやスナック菓子ばかりでは痩せないでしょう。(運動を頑張ったら自動的に食事もクリーンになるわけではありません。全ては自分の意識改善です。)

運動を頑張る前に、まずは食事内容を見直しましょう。

④夜更かしばかりする

睡眠こそ美容と健康、そしてダイエットの近道。

ですが、睡眠不足になると食欲を促進させるホルモンがどんどん分泌されていきます。そうすると、食べても食べても満たされない、という状況が生まれてしまいます。

睡眠負債は抱えない方がいい【睡眠不足からくる3つの不調と睡眠の質をあげる方法】こんにちは、健康オタクのAI(@kwhr_ai )です。 経済協力開発機構(OECD)による、2019年の睡眠時間の調査結果による...

極度の睡眠不足は確かにやつれて一時的に痩せてしまう、なんてこともありますが、基本邸に綺麗に痩せたいのであれば、しっかり寝ましょう。私は睡眠の質を高めることに全身全霊をかけています。

瞑想を続けたら睡眠の質が爆上がりした話【個人的に効果ありすぎ】寝る前にキャンドルの光一点だけをみて瞑想するトラタック瞑想を始めてみたら、驚くほど睡眠の質が高まりました。...

⑤腸内環境が整っていない

第二の脳と呼ばれる「腸」、この腸内環境が乱れた状態では、綺麗な身体を作ることはできません。

例えば、腸内細菌の代表である乳酸菌は、腸内のpHを下げることで悪玉菌をやっつけてくれます。しかし、偏食や生活習慣の乱れだけでなく、糖質を摂らない生活をしてしまうと乳酸菌をはじめ善玉菌のエサが枯渇してしまい、悪玉菌だらけになってしまいます。

糖質とは何なのか【炭水化物の分類から糖質制限の事実まで理解しよう】こんにちは、健康オタクのAI(@kwhr_ai )です。 という疑問に答えます。 この記事でわかること 炭水化物の...

腸内環境が乱れた状態では、本来痩せるところでも全く痩せません。まずは腸内環境を整えるところからはじめるのが一番かも。

https://worktohealth.com/guthealth_point/

⑥水分を摂らない

最近の若い世代は、水分をあまり摂らないように見えます。(私もある意味若い世代に入りますが、喉が乾く前に水を飲むように心がけています)

水分は、私たちの身体の中の不要なもの(老廃物質)を体外に排出するために不可欠なものであり、水分不足に陥ると血液がドロドロになってしまいます。

水分摂取量は1日あたりどのくらいを目指すのが良いですか【管理栄養士目線】水分摂取を、排出量も考えておすすめて量を考えてみました。摂りかたのコツもお教えします。...

なるべくしっかり水分を摂って、その分トイレや汗でしっかり体外へ排泄する。このサイクルをしっかり回すことで、身体の中の汚いものやいらないものをしっかり外に出しましょう。

⑦チートデイをしがち

「ちょっと食べすぎたし、もうチートデイにしちゃおう」なんて、甘えたこと言っていませんか?

本来、チートデイとはボディービルダーなど筋肉がたくさん付いている人が行う食事のことで、減量中に代謝が滞って痩せにくくなった際に行うものです。食事制限中であっても、一日ほど食事制限を解除して、ひたすらご飯を食べることで(だいたい3000〜3500kcal)一時的に低下していた代謝を回復させ、さらに痩せやすくなるようにするという仕組みです。

ですが、一般の人(私たち)が行うと、筋肉量が圧倒的に少ない上にチートデイにするにはカロリーが少ないため、中途半端なチートデイになってしまいます。食べすぎたからと言って、チートデイと開き直るのは安直です。

⑧人の目を気にしすぎ

減量に人目を気にすることは徒労です。意味がありません。

人目を気にしてランニングすることをためらったり、ジムで遠慮がに運動するのはもったいないです。誰もあなたのことは気にしていない、むしろ堂々としているほうが周りも感心します。

私もたまに夜ランニングをしますが、人目を気にせずガンガンに飛ばして走ります。いくら息遣いが荒くても、全く気にしません。それよりも自分のボディメイクのほうが優先です。

⑨モデルを理想とする

もしかしたら、あなたは理想とするモデルさんをスマホのロック画面にしているかもしれません。こんな風になりたいなあと、毎日にらめっこしているかもしれません。

ですが、あなたは完全にそのモデル体型になるのは99%無理です。

あなたとそのモデルの体型・体格・遺伝子・環境は大抵の場合異なります。特に遺伝子に関しては絶対違うので、同じような食生活をしても出来上がる身体は絶対一緒ではありません。

理想はそうであっても、現実では同じような体型にはならない。それを理解しないうちは、全く理想に近づかない自分の体型に嫌気がさすだけで、ストレスは溜まる一方です。

⑩すぐ痩せようとする

減量は一週間やそこらで完成するものではありません。基本的に1年以上かけてじわじわと痩せるのが一番の理想で、即効性を求めすぎるほどリバウンドします。

リバウンドと減量を繰り返す身体の代謝はどんどん下がり、太りやすい体質へと一方通行。ダイエットは基本的に長期戦であることを理解しましょう。

まとめ:間違いだらけの情報社会

今の世の中には、間違った情報がたくさん存在しています。

そんな中で、1つの情報のみを鵜呑みにして、ダイエットや健康法を遂行するのは危険かもしれません。そして今回あげた10個の理由以外にも、うまくいかない原因はあると思いますが、まずは自分の身体を見つめ直して、ボデイメイクを楽しく行いましょう。

できているようなつもりでも、案外できてないことはたくさんあります。夜寝る前にネットショッピングやSNS徘徊など、ブルーライトを浴びてはいませんか?

 

ABOUT ME
ai
管理栄養士免許取得するも、研究に魅了されて、現在博士課程の大学院生(乳酸菌)/ 健康オタク、海外旅行マニアです。インスタグラムで日々の食事など公開中。