食事・栄養

「体脂肪」はあなたの敵ではない【痩せすぎると次世代まで影響するよって話】

こんにちは、健康オタクのAI(@kwhr_ai )です。

先日こういった内容の相談を受けました。

肥満体型をどうにかしたいので、体脂肪の目標を15%にしたいんですけど、どうしたら体脂肪は減りますか?

ダイエットとなると、体重と同じように体脂肪を減らそうとする女性が多くいます。

確かに、体脂肪が減ると体がスッキリするように思われがちですが、体脂肪の過度な減らしすぎはよくありません。

ボディビルダーやアスリートなどの運動選手はよく体脂肪率5%以下だと言われますが、一歩間違えると血管は浮き出て、老けて見えるので女性の場合はお世辞にも美しく見えません。

女性のみなさん。

体脂肪なんて要らなくない???

と思っている人は、この記事を必ず読んでください。

体脂肪について

本題に入る前に、まずは体脂肪について。

体脂肪とは、その名の通り体に蓄積した脂肪のことを指します。

主に食事で摂取した栄養素をエネルギーとして消費しきれなかった分が、脂肪として蓄積していきます。

体脂肪の種類

体脂肪は内臓脂肪と皮下脂肪に分けられます。

内臓脂肪

内臓や腸の周りにつく脂肪のこと。非常につきやすく、そして落としやすい特徴があります。一般的に男性に多い肥満のタイプで、必要以上に内臓脂肪がつくとお腹周りが膨らんで「りんご型」の肥満になります。過剰な内臓脂肪は生活習慣病の原因にもなります。

皮下脂肪

下半身の皮膚と筋肉の間につく脂肪のこと。内臓脂肪と比べて落としにくく、女性に多いタイプの脂肪です。「洋なし型」肥満とも呼ばれ、生活習慣病になるリスクは低いですが、過剰な皮下脂肪は膝や腰の痛みの原因になります。

体脂肪の働き

適度な量の体脂肪は決して悪者ではなく、体にとって意味のある働きをしています。

・エネルギーの貯蔵

・体温の調節

・ホルモンバランスを整える

・臓器の保護

体脂肪はエネルギーを溜め込む倉庫です。寒い時は体脂肪が体温を36度付近に保ってくれています。

そして体脂肪があることでホルモンが正常に分泌されると同時に、寒さや衝撃から大事な内臓を守ってくれています。

体脂肪率の基準

TANITAのホームページの、WHOおよび日本肥満学会の判定に基づいた表より、一部を抜き出してみます。

男性 痩せ(%) 標準(%) 肥満(%)
18〜39才 〜10 11〜21 22〜
40〜59才 〜11 12〜22 23〜
60才〜 〜13 14〜24 25〜
女性 痩せ(%) 標準(%) 肥満(%)
18〜39才 〜20 21〜34 35〜
40〜59才 〜21 22〜35 36〜
60才〜 〜22 23〜36 37〜

見ていただいたらわかるように、男性と女性ではかなりの差があります。

これは女性が出産に適応できる体作りが必要なため。

AI
AI
例えば彼氏や旦那さんに体脂肪のことで文句を言われても無視しましょう!!!!ね!!!!

体脂肪計について

多くのメーカーから体重計や体脂肪計は販売されていますが、実は機器によって体組成計の値は大きく変わります。

体脂肪はインピーダンス・水中体重秤量法・二重エネルギーX線吸収法など測定方法が複数あります。

そのため、メーカーによって採用している測定方法が違うため、数値も変わってくるのです。

AI
AI
管理栄養士養成大学の講義の一貫で、いろんな体重計に乗りまくって体重や体脂肪率の誤差を算出したことがあるけど、結構違ってびっくりしたなあ…

どの機械が絶対正しい!という結論はないので、あくまでも目安として受け止めましょう。

ちなみに私が使っている体重計はこちらです。

ただ、7年くらい使っているのでちょっと壊れつつある…なので次はこちらを買おうと思っています^^

 

体脂肪は敵ではない

私たちがごはんを食べると、体脂肪の他にも肝臓や筋肉にグリコーゲンとしてエネルギーを貯蓄し、必要な時に消費します。

しかし、肝臓や筋肉に貯蓄された分はせいぜい一日足らずしか保ちません。

ところが体脂肪は最大15万kcalを貯蓄できると言われ、これによって私たちは例え一週間断食しろと言われても乗り越えることができるのです。

体脂肪は大事だと言われるのは、この驚くべきエネルギー貯蔵能力の高さで、減らせば減らすほど私たちの体はスタミナ不足になるのです。

AI
AI
もちろん減らしすぎはよくないけど、多すぎてもよくないから程よい数値を維持しましょう。

他にも、体脂肪の減らしすぎによる大きな弊害があります。

低体脂肪・痩せな女性

〜本記事で最重要〜

痩せ型の女性の場合、生まれてくる子どもはかなり高い確率で「生活習慣病・肥満」になることが研究で明らかにされています。(*)

つまり、過度なダイエットをした上で妊娠したら、自分はスッキリした体であっても子供は肥満体型になるということです。

これは倹約遺伝子と呼ばれるものが関係しています。

倹約遺伝子は元来人間に備わった遺伝子で、狩りをしながら食糧が少ない時代でも生きていくために少ない栄養素を最大限取り込んで身体につけるように働く遺伝子です。

つまり、痩せたお母さんの子どもは生まれながら倹約遺伝子が働いて、同じように食べても他の子より太りやすい体質の子どもになってしまうのです。

また、お母さんの栄養状態が悪い場合、赤ちゃんは生まれながら病気を患った状態で生まれることも多いとか。

体脂肪の減らしすぎは、あなただけでなく次世代にまで影響するのです。

隠れ肥満が多い

一方で、女性の場合見た目は細く体重も軽いのに意外と体脂肪率が高い人が多くいます。

これは圧倒的に筋肉量が少ないため。

ダイエット:食事制限のみで痩せるとこの隠れ肥満になる確率がグンと高くなります。

こういった隠れ肥満の場合は、非常に太りやすい体質であるので少しでもいいので筋肉トレーニングやウォーキング、ストレッチやヨガなどの運動習慣を取り入れることをおすすめします。

「体脂肪が減らないから食事量を減らそう」ではなく、「運動を取り入れよう」が女性としての曲線美への近道ですよ〜!

まとめ

体脂肪は悪い面ばかりが注目されるので、敬遠されがちですが人間にとって必要不可欠な部位でもあります。

そして機械によって誤差は生まれ、水分量や時間帯によっても変動しやすい指標でもあります。

AI
AI
普段体重は測らない私ですが、この記事を書いている時に気になって測ってみたら25%でした。健康に気をつかってジャンクフードを食べない私でも、25%は優に超えて当たり前なのです。

女性の場合、20%以下になると冷え性・月経異常などの疾患を招くので特に体脂肪の減らしすぎはやめましょう。

とはいえ、数値はあくまでも数値、首からぶら下げて歩くわけでもないので、そこまでストイックに気にしてストレスをためないでくださいね〜!

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。それではまた!

▼LINE@始めました▼

ABOUT ME
ai
管理栄養士免許取得するも、研究に魅了されて、現在博士課程の大学院生(乳酸菌)/ 健康オタク、海外旅行マニアです。インスタグラムで日々の食事など公開中。