Gluten free

【グルテンフリーレシピ】おからと米粉でクラッカー

グルテンフリーのおやつは最近よく見かけるようになったけれども、クラッカーでグルテンフリーのものはほとんど見かけません。

じゃあ作ろう!と思い、挑戦してみたら意外と簡単だったので、レシピを紹介していきます。

クラッカーの基本材料は4つ

基本はこれだけです。

・セルフレイジングフラワー 20g
・おからパウダー 15g
・オリーブオイル 18g
・水 大さじ3〜

水は、使うおからによって変わってくるので、調整してください。

私が使っているセルフレイジングフラワーとは、オーストラリアから送ってもらった粉です。

🔗ORGRAN self raising flour

これはイギリスやヨーロッパで一般的に使われている粉で、ベーキングパウダーが元から入っているものです。

ホットケーキミックスの、砂糖や余分な添加物が入っていないバージョンと思ってください。

そして今回は小麦粉を使っていない、グルテンフリータイプのものをいただいて、ずっと使っています。(とうもろこし、キャッサバ、お米の粉でできています)

もちろん、日本の一般的な家庭にはないと思うので、米粉100gあたりベーキングパウダー小さじ1杯(約4g)を入れたものでいいです。私もいつもは米粉を使っています^^

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

熊本製粉の新・米粉 300g【熊本県産米100%使用】熊本県産 九州産 米粉
価格:222円(税込、送料別) (2019/8/4時点)

 

ピーナッツパウダーで作ってみます

上記で書いた材料と、ピーナッツパウダーを適量(好みの量)入れて、水をある程度ポロポロっとなるまで入れて混ぜます。

※ベタベタ〜ドロドロ〜となるまで入れないでね

そして生地をジップロップに入れて、伸ばします。

こうすると、綺麗な四角を作りやすく、周りも汚れません。

シップロックの四隅を切って、クッキングシートに広げ、好きな形に包丁でカットします。

オーブンで180度で25分〜30分焼いて、完成です。

カリカリッとして、歯ごたえがある仕上がりになりました。おからで作っているので、喉が乾くのでしっかり飲み物を飲みながら食べてください(笑)

カレー風味だとおつまみ風に

カレースパイスと、ブラックペッパー、塩を入れて作ってみました。

ちなみに、カレーパウダーは🔗DEAN & DELUCAで買ったものです。変なクセもなく、とっても使いやすくてめちゃくちゃオススメです。

こちらはおつまみに絶対合います!

手が止まらない美味しさになりました^^おから臭さはほとんどなく、言われなければ気づきません。

グルテンフリーで低糖質なスナック

おからは水分をかなり吸収するので、水をしっかり飲みながら食べてください。よく噛むので、お腹にもたまりますし、低糖質でヘルシーなおやつになります。

おからはおかし作りに使うにはなかな難しいですが、クラッカーやクッキーのような乾き系のおやつには最適です。

ぜひ作ってみてくださいね〜♩

ABOUT ME
ai
管理栄養士免許取得するも、研究に魅了されて、現在博士課程の大学院生(乳酸菌)/ 健康オタク、海外旅行マニアです。インスタグラムで日々の食事など公開中。